メールをどのように送信すればいいのか分からない際のメール内容とは?!

復縁に関してネットでリサーチしてみると、どうやら冷却期間とよばれる期間がポイントなんていうのを
見ることが多いのですが、実は全てにこの期間が必要だというわけではありません!

 

 

「そうなると、どのくらいの期間の冷却期間がいるものなの?」

 

つまり、冷却期間自体はそもそも、別れたその時の状況により、ケースバイケースであることから、はっきりこれだよなんていうのは
いえないものなのです。
(※冷却期間の詳細は、「復縁で冷却期間が必要なの!?」をチェックして)
だいたいひと月ほどの冷却期間でいいよなんていう場合や、半年なんていう人もいるのですから。

 

やはり別れの時に、かなりねじれまくってしまった別れ方をした際は、とにかく冷却期間は長めに作る必要があります。
ですがその反面、スムーズな別れ方をした際には、特にこのような冷却期間が不要で連絡をすぐ取ることができるのです。

 

そもそも冷却期間をおくのはどういった理由なのでしょうか。

 

 

当然なのですが、より悩みまくった挙句に相手のほうも別れるという考えを打ち出したので、
連絡をすぐすることにより、復縁を迫られている気持ちが大きくなり、相手も警鐘してしまうのです。

 

 

とにかく自分だけではなく相手も別れた際には、余裕がある心を保つことは難しいのです。
このような視点からも、やはり気持ちの整理をどちらともつけるためにも距離を保つのは大事なことなのです。

 

冷却期間をそれなりにおいた後に、連絡をする際にではどのような連絡がよいのでしょうか。

 

「久しぶり〜」何ていう、明るく振舞うふりをした連絡をすることが多いかと思いますがこれは良い例ではありません。

 

相手側からしてみれば「何なの!?」といわんばかりに、どうしたのか考えをめぐらしてしまうのです。

 

画像1

 

こうではなく、

 

「別れの際の気持ちはスッキリしたよ。色々迷惑をかけたりしてごめんなさい。」

 

 

こういうような、自分と相手の気持ちは同じ!何ていうことを実感させられる連絡をするのがおすすめです。

 

もちろんこれのみでもOKですが、ほかに何か用事もプラスするとよいです。

 

そうですね、何か相手の物をまだ自分が持っているので返したい、とか。

 

 

このように、自分はあなたへの気持ちはもうすっきり片付いているということを表現し、
あなたの物がまだ手元にあるよといった用事を作ることで、相手の返信もぐっと増えていきます。

 

しかし、こういった気持ちの整理が済んだといったメール後の連絡のあれこれも、決め細やかな注意がやはり重要になるのです。

 

やはり、ちょっとでも違和感のあるものを送ってしまうと、連絡がすぐシャットダウンしてしまうことも非常にあるのですから。

 

http://www.richmondtaxifleet.com