不信感・疑りを何とか取りたい!

相手と別れてから連絡を取ろうと思っても、取れないことってよくありませんか?

 

やはり、仮に連絡を取ることができても、返事が戻ってこない・ちょっと距離が開いていて連絡回数が激減!何ていうことも
あるかと思います。

 

そうなった際には、やはり不信感や疑りといった気持ちがどうしても出ている状態であるという確立がとてもあります。
どのような疑りかといいますと、

 

 

「復縁を求められそう」

 

これなんですね。

 

 

きちんと、別れる上で悶々と考えた相手からしてみると、
別れをきちんと述べたのに、しつこい復縁を求められてしまうと、正直参ってしまうものなのです。

 

 

ですから、自分がその相手に、こういった復縁したいという雰囲気を見せることなく別れを受け入れている状態を見せ付けることが
できれば、相手もそういった疑りを持つことはないのです。

 

 

しかしこのように相手に思わせるにはどうしたらよいのでしょうか。

 

 

 

「もっといい相手にお互いめぐり合えるといいね!!」

 

 

このような内容の話を伝えることにより、気持ちは未練知らずのさっぱりした状態だよ!復縁したいと思ってないよというのを
相手にわかってもらえます。

 

 

特に、相手もこういったすっきりした状態のあなたを見せられると、疑り深い気持ちは一切無くなり、連絡もスムーズになるかと思います。
こういった状況になるためにはやはり、私は未練がありません!というアピールをするのが何よりも必要になります。

 

相手も自分も、思っていることは同じだよということをまずは理解してもらえるようにすることです。

 

 

ありがちなのが、「友達に戻れるかしら?」というよう内容の連絡をすることにより、連絡がばっさり途切れるという状態。
相手から見るとやはり特に、別れたし友達に戻る必要なんてないのに、復縁を求められているかもしれないという気持ちが
浮き彫りになってしまっているのです。

 

こういう状況はやはり相手はやはりもっと遠くなります。

 

追いかけられるとやっぱり離れるのが人間。

 

 

ですから、
「友達に戻ることができるかしら?」

 

 

「連絡は、今後もとっても平気?」

 

 

なんていう言葉は言うべきではありません。

 

 

こういった後、相手の気持ちをよく考えてみると、別れた後ですもの、わかりますよね?

 

きちんと相手の気持ちを尊重し、「同じ考えを私ももっています」というスタンスを見せ付けてあげてください。

 

この状態がやはり、復縁をするための必要な道の第一歩です。

 

ですが、これで安心するのはまだ早いです。

 

友達に戻った後が何といっても復縁は難しいんですよ。
やはり、慎重にきちんとそれなりの方法で、友達に戻ったのであれば連絡を取ることが必要になるからです。